父の日でおすすめの扇子
2017.05.23

赤い扇子

扇子は、カバンの片隅にでも気軽に入れておけますから、持ち運びは楽で、場所もとりません。ちょっとした折りに、何気に出して仰ぐのは、おしゃれだし、究極のエコロジーです。事実、心地よい涼風が肌に当たります。「おやっ」と驚く後輩達を尻目に、落語家や舞妓さんが、話や踊りを始める前に、まず扇子を置くことのうんちくをさらりと語って、某テレビ番組ではありませんが、初耳学でも取る方が、寒い親父ギャグを飛ばすより、よほど好感をもたれるはずです。さらにそれが、新しいデザインの扇子であれば、いっそうさわやかです。
そんな男性に似合う扇子は、扇地が普通サイズの三分の一程度で仕上げられたシルク素材使用の無地あたりが、よいでしょう。黒塗りの親骨に、透かし彫りの入った仲骨に張られた光沢のあるシルク素材が、ブラック、ネイビー、グリーン、オレンジと、それぞれの色合いで上品に輝き、現代的です。親骨に螺鈿が細工されたものも豪華で、きれいです。
男らしさを強調するなら、職人技で支えられている伝統的な柿しぶ染めの扇子もプレゼントの扇子として、お勧めです。職人が幾重にも塗り重ねた柿しぶで、耐久性にもすぐれそれに合わせて親骨も太く作られているので、閉じるとパチンと気持ちよい音がします。鉄紺色、鶯色、銀煤竹色、濃紫色、黒色と、色合いも奥深みのある濃い色がそろっています。絵柄でも男らしさを演出する扇子があります。パール引きで光沢のある地紙に、筆跡も鮮やかに京大路をイメージしたラインを、扇面いっぱいに流れるように引いた、男らしくて大胆で粋な絵柄の扇子です。京大路柄の扇子は、黒、紺、緑とあって、表も裏も大路が引かれています。すっきりと大胆にまとめられたデザインで、あきのこない様々な場に似合う扇子です。
また、黒染めで仲骨全体に透かし彫りを施したウルトラレリーフファンという、透かし彫りのつながりでウルトラマンやバルタン星人、ダダのシルエットが見える変わり種の扇子もあります。ウルトラマンを見ながらで大きくなった世代にとっては、垂涎の扇子のギフトと言えるでしょう。
将棋が好きなお父さんであれば、歴代の名人が揮毫した扇子もあります。白地紙に竹骨のすっきりした扇子で、別売の扇子立てを購入して飾っておくこともできます。
視点を変えて、優雅な扇子を使った遊びのグッズはどうでしょうか。お座敷遊びの一つである投扇興を贈るというのも遊び心いっぱいのお父さんには、最適かも知れません。しかし、全セットを買うとなると、かなりの高額になりますので、的は日曜大工での自作に譲るとして、投扇だけを購入し、別に定めた独自の的を狙って、扇子を飛ばしてみるのも一興です。真っ直ぐに飛ばすには、結構技が必要ですし、何点何点ではなく、末摘花だの花散里だのと、しばし源氏物語の世界に遊んでみるのも遊びとは言え、高貴な感じがします。扇子の新しい使い方かもしれません。

▲ ページトップへ