母の日でおすすめの扇子
2017.05.23

水色の扇子

母の日のプレゼントに扇子を贈るというのは、意外とおしゃれで、新たな美の世界にお母さんを挑戦させることになります。日本舞踊や詩吟、茶道などをされている方なら、必需品ですので、日常的に使っていただける実用的なプレゼントで喜ばれます。
プレゼントの扇子も、女性用だけに、晴れやかな舞扇から普段に使う扇子に至るまで、実に様々な扇子があります。その上、手彫りやレザーを使って、名前を入れることもできます。扇子の値段によっては無料ですが、名前を入れたとしても工賃は、さほど高いものではありません。
扇子の要の部分には、アクセサリーとして、飾り玉を通した紐が下がっていて、扇面の柄と共に、華やかさを演出しています。また、中骨の一本一本にも透かし彫りが施され、唐木や黒染めの色合いの骨に、同色の無地の扇面という現代的な扇子もあります。こうした扇子は、下がる紐も京組紐などで組み上げられ、飾り玉にまで透かし彫りが施されているという豪華さで、母の日のギフトに最適です。この透かし彫りがさらに進むと、竹の扇骨だけで作られた、紙地の部分がない扇子もあります。親骨には、半球のパールをあしらい、竹の擦れ合う音と共に開閉できるようになっています。涼風を送るというよりも、ほのかな香りを楽しむ扇子です。高級な白檀の扇子に似ていて、香木のように柔らかな風の中に、香りを楽しむ扇子です。
こうした扇子は色の表現も紅や藍ではなく、ピンク、マロン、モカ、ブラウンと個性的な表し方がされています。これとは対照的に、日本古来の伝統色を出すために、あえて扇面を和紙で製作し、「薄蘇芳」、「若紫」、「錆青磁」、「浅縹」といった奥深い独特の色合いをだした扇子もあります。
扇面の材質は、大きくは、紙と布の二つに分けられ、布には、絹、綿、ポリエステルなどが使われています。それぞれの材質を生かして、新しいデザインの扇子が多く作られています。紙を使った扇子の中には、プリントの手法を使って、くまモンや1950年代に活躍したデザイナー中原淳一の美人画、さらには、人気のアニメ「進撃の巨人」をあしらった扇子もあります。
扇子のプレゼントとして、1月水仙、7月バラ、10月コスモスといった、誕生月の花を絵柄にしたものもあります。例えば7月のバラは、中骨にも透かし彫のバラが並べられ、裏側は、あえて中骨を見せる現代的な作りになっています。
また、高価にはなりますが、同じ布でも、シルクのレースや刺繍をふんだんに使った扇子があります。親骨にはパールと螺鈿模様が入り、ラメがちりばめられています。房も異様に長く、かつてのディスコ全盛時代を過ごしたお母さんには、最高のプレゼントになるでしょう。用途と予算とを、見比べながら最高の扇子のギフトを贈りましょう。

▲ ページトップへ